読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたろうノート

棋力向上のための覚書

第74期名人戦七番勝負第3局 感想戦 (1)

第74期将棋名人戦七番勝負第3局の最終盤と感想戦動画で公開されています。

感想戦は29手目の▲2四歩のあたりから始まります。

棋譜については名人戦棋譜速報│将棋・名人戦順位戦棋譜速報サイトなどでご確認ください。

------

羽生「うーん、そっかあ...ちょっとやっぱ、やり過ぎでしたかねえ」

佐藤天「んー、いや。うーん...」

f:id:emptywords:20160520114101j:plain

羽生「ちょっと、まあ一度どうなるか」

上図より△3四銀▲3六飛△7五歩▲同歩(図2)と進める。

f:id:emptywords:20160520114515j:plain

佐藤天「歩とか打っていく手順は?」*1

羽生「あーいやぁ...わかんないですけど、まぁ、うーん...」

佐藤天「こっち(後手)に傷が多いですかね」

羽生「あーそうなんですね、▲7四歩とかどっかで突くし...でも、やっぱ(本譜の)△5四飛(図3)が落ち着いた...」

f:id:emptywords:20160520120135j:plain

図3は封じ手の局面。本譜は▲5八玉だった。

羽生「端桂とか」(図3から▲1七桂)

佐藤天「あーいやいや」(ありそう、という感じ)

羽生「でも狙いが...でも、まあまあ、とりあえず」

佐藤天「こっち(後手)も△73桂(変化図3.1)なのかどうか、わからなかったので」

f:id:emptywords:20160520120709j:plain


羽生「あー...確かにそうですね...。でも、これくらいで一回様子見たほうが良かったかなあ」
佐藤天「んー」
羽生「んー、まぁただ、うーん、ちょっと......ちょっとなんか図々しいか」

 (続く)

--------

この後は△5四飛に対して、▲5八金が検討されます。

 --------

下記...どうぞよろしくお願いいたします!

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/PDY8Z75PLCFQ

 

*1:※一例として、図2から△2八歩▲1七桂△2九歩成▲同銀△8八角成▲同銀△2七角のような変化を指していると思われます。

f:id:emptywords:20160520115713j:plain