読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたろうノート

棋力向上のための覚書

『横歩取り超急戦のすべて』 (1) △3三角戦法

楽しみにしていた飯島栄治七段の『横歩取り超急戦のすべて』が刊行されました。この本は、後手の横歩取り超急戦のうち、下記の3つの戦法を取り上げています。

1. △3三角戦法

2. △4四角戦法

3. △4五角戦法

 この本で取り上げられる△3三角戦法は、内藤國雄九段が考案したとされる△3三角ではありません。△8八角成▲同銀△3三角と打つ戦法です。

 後手無理筋とされる△3三角戦法

 結論から言うと、△3三角戦法は無理筋とされています。

f:id:emptywords:20140330230239j:plain

初手から第1図までの指し手

▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩

▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金

▲2四歩△同 歩▲同 飛△8六歩

▲同 歩△同 飛▲3四飛△8八角

▲同 銀△3三角 (第1図)

この局面での先手の受け方はいくつか考えられますが、最善は▲7七桂であると飯島七段は述べています。また、▲7七角でも正確に指せば先手が優勢になるとも述べています。

ここでは本に掲載されていない変化について少し考えてみたいと思います。

第1図からの指し手

▲7七角△同角成▲同 桂△8九角打

▲8七銀△同飛成▲同金△6七角成

▲3六飛△6八銀▲4八玉△5七銀成

▲3八玉 (第2図)

f:id:emptywords:20140330230252j:plain

第2図から△4七成銀▲同玉△4九馬▲7五馬で、先手良しというのが飯島七段の結論です。ただ、自分としては△4七成銀で△2八歩と打つとどうなるかが気になりました。

第2図からの指し手

△2八歩▲5八歩△2九歩成▲同 玉

△5八成銀▲3八金△2七歩▲6五桂(第3図)

f:id:emptywords:20140330230306j:plain

△4九成銀と迫っても、▲2八歩と受けられて、先手の優勢は揺るがないようです。

 横歩取り超急戦のすべて
横歩取り超急戦のすべて