読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたろうノート

棋力向上のための覚書

詰将棋創作の難しさ (2)

前回詰将棋創作の難しさという記事を書きました。偶然7手詰の詰将棋ができたという話ですが、その際にいくつか失敗がありました。

失敗作のひとつが下記です。

f:id:emptywords:20140403203129j:plain

▲9二歩△8二玉▲7二金寄△9二玉

▲8一角△9一玉▲8二金△同 玉

▲7二角成△9二玉▲8一馬

まで11手詰

...のつもりだったのですが、歩が一枚余るため、駒余りの不完全作です。それでは、歩を一枚減らせば良いのではないか? と思ったのですが、歩が2枚ないと詰まないのです。

f:id:emptywords:20140403203405j:plain

歩が1枚の場合、

▲9二歩△同 玉▲8一角△9一玉

となり王手が続かないのです。単純に余った駒を減らせば、問題が完成すると思ったのですが、必ずしもそれではうまくいかないようです。このようなケースにははじめて出会い、とても新鮮な経験でしたので、記しておきたいと思います。