読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたろうノート

棋力向上のための覚書

『横歩取り超急戦のすべて』 (3) △4四角戦法 その2

横歩取り超急戦のすべて』△4四角戦法では、下記の基本図で(1)▲7七角 (2)▲7七桂 と受ける2通りがあると先日の記事で紹介しました (記事はこちら)。しかし、先手の応手としては (3)▲8七歩も十分に考えられ、そちらについても本では紹介されています。

f:id:emptywords:20140401011857j:plain

▲8七歩の場合の後手の対応は、(1)△7六飛(2)△8四飛が考えられますが、ここでは(1)について考えてみたいと思います。

▲8七歩△7六飛は後手十分にはならないのではないか

▲8七歩に対して、『横歩取り超急戦のすべて』では下記のような指し手が示されています。

基本図からの指し手

▲8七歩△7六飛▲7七歩△7四飛(第1図)

f:id:emptywords:20140401011930j:plain

△7四飛は、次に△7七角成▲同銀△3四飛の素抜きを狙った手です。そこで、▲3六飛と逃げるのは△2八歩があるので、▲2四飛△7七角成▲同銀△2四飛▲1五角後手2三歩▲2五歩△1四歩という進行が紹介され、後手十分とされています。

そこで本にない進行を考えてみたのですが、第1図の局面では、▲6九玉と逃げるのはどうなのか考えました。

第1図からの指し手

▲6九玉△3三金▲3六飛△2八歩

▲2四歩(第2図)

f:id:emptywords:20140401011941j:plain

△3三金に▲3六飛は△2八歩があるのですが、▲2四歩△2九歩成▲2三歩成△2八と...と進んでも、どうも先手の攻めが早いような気がします。また、▲2四歩に△4二玉には、▲8三角や▲8六飛△8二歩▲2三歩成△同金▲4五角などもあり、先手が指しやすいに思います。ということで、基本図から▲8七歩△7六飛...の変化は後手十分とは言えないのではないかと思いました。この辺りについては、是非強い方に意見を聞いてみたいところです。